最終更新日:

亀頭を責められたい!責め役は女性と男性どっちがいいの?

快感を追求し、亀頭の実力をひきだしたいのなら、男性の施術者をおすすめします。雰囲気や触れ合いも含めて楽しみたいのなら女性の担当者、というのが個人的な考え。

亀頭責めで未知なる快感を得てみたいなら、男性の担当者をおすすめ

ゴシゴシしごかれ、力に任せて握られるのが「どれほど痛いのか」ということを知っているのは男性です。

これ以上されたら痛いという力の上限を知っているから、上限から下限までを目一杯につかえるという、ダイナミックレンジが広い亀頭責めをすることができるわけです。

それはひたすら快感を求める亀頭責め。

「亀頭攻めの醍醐味」というものには、唯一の答えがあるわけです。その感覚を知らなければ、やはりベストな亀頭責めをすることは難しいのではないでしょうか。身をもって体験でき、感覚を知ることができる男性の担当者が、ポテンシャルの引き出し役には最適です。

甘い香りやきめ細かい柔らかな肌。それは女性ならではです

ただ、「爪」には気をつけたいところ。

せっかく手という、体の中でも(ミクロな生物的な意味で)安心で頑丈な部分を使用するのに、ネイルされた爪で傷つけられたら元も子もありません。とはいっても、やはり異性と時間をともにして軽くM男な展開を望むのであれば、それはやはり女性にしかできないことだと思います。

DVDの亀頭責めは見せるためのショーであるということ

そもそも、DVDなどで亀頭を責められて失神したり悶絶して苦しむのは、

「この女優さんしっかり仕事してますよ!」
と、いうアピールのためなんですよ。

もし仮に男優さんが本気で感じて、微動だにせず亀頭責めの心地よさにひたるというじ〜っとした1時間のDVDがあったとしたら、

「この女優さん、亀頭責めるの下手じゃね?」
って思われてもしかたありません。っていうかDVDに出てる場合じゃありませんね。

亀頭責めは本来気持ちいいものなんです。比較的安全に気持ち良さを追求できる遊び、とでもいいましょうか。「痛い」の先にあるものを求めるものはSMなど、また違うジャンルになるかと思います。エッチなDVDを鵜呑みにして女性を乱暴に扱う若い男性がいる、という話を時々耳にしますが、亀頭責めもいっしょ。

「亀頭責め=乱暴」ではありません。優しくあつかうことが大前提です。そもそも包皮という皮膚に守られている部分をわざわざむいて長時間にわたって触るのですから、傷つかないようにソフトにソフトに、それがスタートラインです。

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-