最終更新日:

だから亀頭磨きが気持ちいい!亀頭で悶絶する方法とコツ。潮吹きにも挑戦する?!

男なら一度は挑戦してしまうのが亀頭磨き。
特に「カリ首」がペニスの中でも気持ちいいというのは多くの人が知っていることでしょう。

通常のオナニーでカリ首を中心にいじったとしても、亀頭そのものをいじり倒すということには抵抗がある人もいます。

カリ首も充分気持ちいいですが、亀頭そのものへの刺激はそれを大いに超えるものです。

さらに亀頭磨きに慣れて亀頭を鍛錬していくことで男の潮吹きにチャレンジすることもできるといいます。

ここでは男ならではの楽しみとして、「亀頭磨き」を改めて掘り下げてみたいと思います。


気持ちよくて震えてしまうレベル。頭が真っ白になる亀頭磨きで男の気持ちよさを追求しよう


ペニスへの刺激の与え方としてオーソドックスなのは「亀頭だけでなく竿部分にも刺激を与える」ということです。おおまかに次の3つです。

「フェラ」「手コキ」「挿入」

どれもペニス全体に渡って刺激を与えるものですね。

つまり、

無意識のうちでは亀頭のみを刺激する、ということにはなかなか至らない というわけです。

理由は簡単。

「亀頭は敏感だから」

つまり、

敏感な亀頭を避けるように男の頭はプログラムされている。だから亀頭磨きをするには積極的に亀頭に触れていく必要がある
と言えます。


敏感というのは、神経が集中している、感覚が鋭い、ということでありますから、敏感な亀頭を意識的に刺激を与えてあげれば、未知の快感が味わえることができるんです。

亀頭を磨かれると

「自然と体が動いてしまう」
「声が漏れ出てしまう」

などという「自分の意識では止められない反応」が出てしまいます。
これこそが亀頭磨きによる快感の境地。

男ならぜひ一度体験したいと思いませんか?未経験の方はぜひ一度亀頭磨きによる快感を堪能してみてください。


亀頭磨きとは手とローションを使う安心プレイ

仰々しく紹介するまでもないですが、亀頭磨きとは

「亀頭を中心に刺激を与えて気持ちよさを得よう!」という遊びです。

刺激方法に縛りはありませんが、私がおすすめするのは、

基本的に「ローションを利用した手・指のみ」

これには理由が2つあります。

「より安心安全であること」
「力加減を自由自在に変えられること」

の2つです。

より安心安全であること



力加減を自由自在に変えられること



それを踏まえて、亀頭磨きの実際のやり方をご紹介していきましょう。


亀頭の部位を意識しよう。亀頭で悶絶する方法とコツ

早い話が、亀頭を中心にローションを利用した上で手や指で刺激を与えていけばいいわけです。

その際に特に意識したいことが「亀頭のどこを刺激するか」という点。

亀頭と一口に言っても、大きく分けて4つの部位からなります。

鈴口

亀頭の腹

裏筋

カリ首




亀頭磨きに極めるなら避けられない!強烈な快感の鈴口責めと亀頭の腹責め

特におしっこの出口である「鈴口責め」や「亀頭の腹」への重点的な亀頭磨きが気持ちよくなってきたら、亀頭マスターといえるでしょう。