最終更新日:

亀頭責めはギリギリ浮気にならない!安心して亀頭責めの気持ち良さを楽しんでください。

亀頭責めは浮気になるのかならないのか——

一見すると大事なトコロにをさらけ出すわけですから浮気になりそうなものですが、あいにくならないんですよね。人によっては問答無用で「人前でイチモツをひけらかすことなんて浮気」と一刀両断されそうですが、安心してください。

亀頭責めとは、あくまで亀頭を鍛えたり潜在能力を引き出すための一種のトレーニングにすぎません。


強い亀頭だと長く楽しめる。だから鍛えにいくんだ、というシンプルな答え

やはり夫婦生活において大切なのは男性機能だと思うわけです。何も精子の数だとかそういうことに限りません。

「自分だけソッコーイってしまったら、それってつまらなくないですか?」ということです。

逆に、

「俺が気持ちよくないのはお前のゆるゆるの***のせいだ、昔はきつくて良かったのに」
っていう責任転嫁したところで、問題の解決にはなりません。

そこでキーになるのが亀頭なわけです。

亀頭というのは刺激に対して敏感なようでいて、実は鈍感なんです。言葉を代えて言うと

「自分にとってちょうど良い刺激が来た時だけ気持ち良がる、ワガママボーイ」

鍛えてない亀頭は、いわば「少しの刺激でも敏感に反応してしまう」状態といえます。この状態だと想定していない刺激が来たときに、「痛い・くすぐったい」となってしまうわけです。物理的にも、亀頭が赤くなってしまったりも。逆もまたしかり。弱い刺激では物足りないと思うわけです。

一方鍛えた亀頭というは「弱い刺激、強い刺激のどちらもでもしっかりと反応する精度のいいセンサー」と言えます。そう、年を経てゆるゆるになった***でも十分にその良さを感じ取ることができるわけです。

弱い亀頭が原因で二人の楽しみが半減してしまうくらいなら、鍛えようぜ、という話。

そのためにトレーニングとして亀頭責めをされによそに行くことは浮気にはなりません。


セルフ亀頭責めで亀頭が鍛えられないのは当然

亀頭責めブログなでよく耳にするのが、

「自分で挑戦したけどくすぐったくてやめた」

「やってみたけど、我慢できずにすぐ終わってしまった」

という声。そうなんですよね。


亀頭というのは男の体の中でも敏感でいて実は鈍感でワガママボーイですから、鍛えてない亀頭では「今までの人生で遭遇したことがない刺激」には耐えられません。
無理に触ったところで体が一種の拒否反応を示してしまいます。

腰がひけてしまうか、早く終わらそうと普通のオナニーになってしまう。いかにセルフ亀頭責めで亀頭を鍛えることが難しいかということです。

一方ですっかり刺激になれた亀頭でも触り始めはやはりくすぐったいものです。しかし、

「嵐(くすぐったいの)はすぐに通り過ぎる」

ということを身をもって知ってますからぐっと我慢できるわけです。


そして、強い刺激による気持ち良さを覚えた亀頭は、逆に一層弱い刺激に対しても感度が良くなるんです。

これを「亀頭の相対性理論」 といいます。(っていうか今思いつきましたw)

くすぐったい亀頭責めが感度アップへの第一歩でも書いたように、くすぐったさに慣れるためには耐える時間がそれなりに必要ということです。自らくすぐったくて気持ちよくない世界に進んでいくことはむしろ苦行。そこはやはり亀頭責めになれたプロに任せるのが近道な理由です。

勉強や運動は塾やスポーツクラブで。亀頭は亀頭責めで。

人の潜在能力を高めるうえで欠かせないのが他人によるサポートです。先にも述べたとおり、亀頭責めで気持ちよくなるためには「くすぐったさの山」を超えなければなりません。

くすぐったいあまり腰がひけそうな時は、グッと支えてあげる。くすぐったさに耐えられたら、ご褒美を与えてあげる。そうやって回数を重ねていくなかで、徐々にくすぐったい亀頭からくすぐったくない亀頭へと変化していくわけです。

そうやって迎えた「気持ちいい亀頭責め」はとても気持ちがいいものです。言うなれば、
羽でなでるような弱い刺激でも気持ち良さをとらえることができ、一方で空き缶を潰すがごとく強い刺激でも快感を得ることができる。

強い亀頭とはそういう状態です。

きつい***でも、ゆるゆるの***でもそれぞれの良さをしっかり感じ取り理解できるようになるには、精度の良い亀頭があってこそ。

亀頭責めで気持ちよくなりながら自然と鍛えらえて、キツめでもユルユルでもどんなパートナーでも対応できるようになれる、とあれば亀頭責めはいいことずくめなんですね!


HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-