最終更新日:

亀頭がくすぐったいのは正常の証。くすぐったい亀頭を卒業するには意外と短い日数で済みます。

誰しもすぐに亀頭責めで気持ち良さゲージMAXになるわけではありません、残念ながら。亀頭のくすぐったさを克服するある種のトレーニングをこなすことで、亀頭を直に刺激されて快さを得られる成熟した大人になるわけです。

亀頭がくすぐったいと感じるのは正しい反応です。

だから安心してください。専門の先生によるとくすぐったいというのは、喜びへとつながる刺激だそうです。


くすぐられる人間の脳をスキャンした研究によれば、他人にくすぐられた場合には小脳とともに喜びに関係する前帯状領域の活動が活発になるという(wikipediaより)

亀頭責めされてくすぐったい。つまり亀頭が喜んでるということなんですね。ただしその状態が続くとみなさんご存知の通り「くすぐったくて笑う」ということになってしまいますから、いかに素早く「くすぐったさ」を昇華させるかがキーになってくるわけです。

「亀頭を責められるとくすぐったいから苦手」という人が時々います。

くすぐったさを感じているというのは、亀頭責めで快感を得られる底力を秘めているということですから、やめることなく亀頭責めに挑んでほしいところです。


亀頭がくすぐったい状態から脱するのは意外と短い?!

平たくいうと個人差があるのですが、そう言っては元もこもありません。くすぐったい亀頭が、いつしか気持ち良さMAXの亀頭に変わる日がくるのは間違いなのですが、それにはトレーニングの時間が必要です。つまり

「くすぐったさに耐える時間がそれなりの回数必要」
ということ。

そうはいっても「くすぐったくて笑う」状態が1時間も続いては楽しくないです。(笑ってるけど)

そうなると2回目3回目と亀頭責めされたいとは思わないでしょう。そこで重要なのが「いかに素早くくすぐったさを昇華させられるか」ということなのです。

肌感覚ですが、
初心者の場合は1セット1〜2分の亀頭オナニー(亀頭責め)で充分です。
そしてインターバルを2〜3分程度置くということ。1回のセット数は問いません。


ただし日数をあけて最低でも5回程度は継続して行ってみましょう。

大切なことは、無理をして長時間耐えようとしないこと。くすぐったい時間と休憩の時間のインターバルが大切です。そして亀頭への刺激のみで射精しようと思わないことです。熟練の亀頭責めされ師(?)でもフィニッシュは竿への刺激で、という人はとても多いです。


自分で行う亀頭オナニー、人にやってもらう亀頭責めのどちらの場合も優しく触れることが大切ですよ。


一度に亀頭に触れる時間は、分単位の短い時間で充分。それを最低でも5日繰り返してみてください。

「おや?以前みたいにくすぐったさが薄れている気がする・・・」
と感じられると思います。



くすぐったさに耐えてまで亀頭責めを楽しむ必要があるのか、ないのか

即答で「YES」ですね。
それこそ実際に体感した人しか分からない領域なのですが、例えば・・・

「切なくなって泣きたくなる」
「頭が真っ白になって何も考えられない」
「頭がチカチカしてぶわ〜ってなる」
「体の奥底から持っていかれるような吹き出す感覚が得られる」

亀頭責めで得られる感覚というのは千差万別というわけではなく、こういった特定の体験に集中しているように感じます。

注目したいのは「切なくなる」ということ。通常のオナニーやセックスで「切なくなった」とは、あまり聞きません。亀頭責めに特徴的な感情、感覚といっていいでしょう。

ただこれも、他に言葉が見つからなくてとりあえず「切ない」という単語で表現しているような気がしています。はやく放出したい、ともまた違うようです。

くすぐったさの先で

手軽に、そして比較的安全に快感を追求できる遊びが亀頭責めだと考えています。ポテンシャルを引き出せるのは、まさに大人の男にだけ与えられた特権。子供にはまだはやいです。

亀頭のくすぐったさを乗り越えて「気持ち良さを体感できるようになる時期」に名称をつけるとするなら、

「第三次性徴期」
男の体って、素地ができてはじめて到達できるエリアというのがあるんですね。すごい。

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-